えぬじぇい@大学生備忘録

平凡から非凡への記録を書いてます

6.僕の高校時代

こんばんは。

 

今日は雨がひどく中々外に出れませんでしたね。でもたまに降る雨って結構僕好きです。特に夏は特別感があってイイ!

 

今夜は特にこれといったネタが思いつかず、僕の高校時代のお話をしたいと思います。

 

滑り止めの高校(ごく普通の私立高校)でしたが、精いっぱい過ごそうと入学後はそれなりに部活や勉強もやっていました。部活では全国大会などにも出場できて、ホントに素晴らしい仲間や先生に恵まれたと思います。

 

高校時代のいい思い出は殆ど部活しか出てこないので、もう終わりになっちゃいそうですが、僕もしっかり恋愛してました。3年間片思いでしたが、ホントに好きでしたね~( ˘•ω•˘ )

 

当時は女性と話すときは少しアワアワしてしまう感じの子でした(今はバイトなどして慣れましたが)。そんな感じだったので好きな子には振り向いてもらえず辛い日々を過ごしていました。まさに非モテで「この人しかいない」「きっと頑張れば~」といった中々女々しかったです。

 

当時の自分にアドバイスできるなら「ジョージクルーニー並みの笑顔と余裕を持っていけ」と言いたいです。今の自分も中々キツイですね。

 

告白を断られては部活仲間に騒がれてましてが、気心が知れた仲間だったのでそれもなんだか心地よかったです。

 

あれよあれよという間に3年生にな受験シーズンが来ました。僕は某国立大学を目指していましたが、勉強ができず模試の結果も横ばいで、別の私立大学に指定校推薦という道を選ばざるを得ませんでした。その時はかなり先生と揉めましたが、苦渋の決断でした。数日間部屋でワーワー泣きました。あの悔しさは死ぬまで一生忘れられないです・・・

 

でもこのおかげで今こうしてる自分がいるのでいいかな?とは思いますけどね。

合格後は大学から入学前課題というものも届き、新たな目標も見つかり、今度は大学で頑張ろうとスタートを切りました。そして今に至ります。

 

 

しかし今心残りがありまして、それは先ほども出た好きな子についてなのですが、卒業式に気持ちだけ伝えようとしたのですが、式が式だったので話せず終わってしまったんですね。今は好きではないですが、なんか予定が狂った感じなんです。語彙力なくてすまん。

 

今振り返るとこんな汚れのない時もあったのだなと思い出します。

まあ男子高校(3年)のほとんどはピュアではないですけどねwww

 

そのことはいつか同窓会とかで話せたらなーくらいでいたいと思います。

 

これが僕の高校生活です。いたって平凡ですね。部活の話は思い出がありすぎてかなり省略しました。

 

次回は、大学受験の時の自分が得たものについて更新します。

今高3の方は僕の経験を参考にしてみてください。

 

お楽しみに!!!!!