えぬじぇい@大学生備忘録

平凡から非凡への記録を書いてます

7.僕の高校時代 続き

こんばんは。

更新が遅れて申し訳ありません。今日からまた気を取り直してやっていきます。

 

今日は前回の記事の続きで僕の高校時代、主に受験勉強で得られたものについて伝えていきます。前回の記事は下のURLで見れます。

http://blog.hatena.ne.jp/NJcontentsss/njcontentsss.hatenablog.jp/edit?entry=8599973812289020021

 

 

僕は部活を引退した6月頃から本格的に勉強を始めました。夏休みには河合塾の模試も積極的に受けに行ってました。周りはAO入試や自己推薦など着々と進路を決めていくなかで自分も黙々と勉強に打ち込みました。

 

しかし、思ったほど成績が伸びず先生にはかなり厳しいことを言われました。

原因はやはり

①勉強時間不足

②やり方が悪い

 

この2つだと思います。ですが、当時の僕はそれに気づかずただ我武者羅に勉強していました。

 

特に今高校3年生はこのことに注意して勉強してほしいです。定期的に自分の成績を分析して、自分に合った勉強をしていくことをおススメします。周りが凄い参考書を持っていても焦らず自分のペースでやってください。結局は合格すればいいのですから!

 

そして僕はそのまま成績が伸びず、とある私立大学に指定校推薦で逃げるような形で受験することになりました。そして今その大学に通っています。そして今も後悔しています。

あの時、浪人するなり後期試験まで粘るなり道があったのに、先生の言う通りにしてしまい、自分の意見を通せなかった。実際は進路が決まってホッとしていたのかもしれない。

 

勉強ができなかったことよりも、自分で決めた目標を周りに流されて変えてしまった自分に悔しいんです。

 

だから今この記事を見ている高校生には、僕みたいになってほしくないのです。

誰に何言われようと自分の決めた道を走ってください。そして見返してください。

 

最後になりますが、勉強できる人は才能も関係ありますが、自分の力で理解して学習してます。集中する時間がトータルで長いです。誘惑に負けず、しっかりON/OFF分けて勉強してます。

 

受験生が第一志望に合格しますように!!!!!