えぬじぇい@大学生備忘録

平凡から非凡への記録を書いてます

21.メイドカフェに学んだ恥ずかしさを捨てること

f:id:NJcontentsss:20180829183642j:plain

 

 

えぬじぇい「前から思ってたんだけどメイドカフェってどういうところなの?本当にニャン×2と言うのか?夏休みだし真実を見に行くか!」

 

8月某日メイドカフェの聖地といわれる秋葉原に来たえぬじぇい。

 

ワクワクとドキドキと暑さを兼ね備えながら行ってきました。

 

そこには誰にでも当てはまりうることがありました。

 

 

 

①最初はやっぱり恥ずかしい

 夢の国の門をたたいたえぬじぇいはいきなりメイドさんに案内されました。「おかえりなさいご主人様!」といわれ初っ端から戸惑う。この時は恥ずかしさ7割戸惑い3割の心境でした。

 

席に着き、店内や料金システムについて説明を受けた後(意外と真面目な感じでした笑)に料理と飲み物を頼みました。

 

店内を見回すと7割くらい外国人でした。あとはカップルや女性2人組、僕みたいな男1人の方がいました。この時もまだ空気に慣れず恥ずかしさがありました。

 

②ライブで越えた楽しむ壁

 そんなこんなしてる間にライブが始まりました。メイドさん1人がステージで踊って他2人がオタ芸を踊る陣形でライブが始まりました。えぬじぇいやほかのお客さんは前もって渡されたサイリウム(光る棒みたいな)を振って参加しました。

 

この時僕は一生懸命に踊っているのメイドさん・楽しんでいるほかのお客さんを見て、あたかもこの雰囲気が当たり前のような錯覚がしたんです。現代は神羅万象であり、あまり面白いことがないといわれているのに。

 

要するに「恥ずかしい」「なんかハズイ」という気持ちを超え、今この瞬間を「楽しむ」気持ちになった、違う世界に感じたんだと思います。

 

③恥ずかしい気持ちって必要?

 「恥ずかしさ」って、人前で裸にならないとか常識の範囲内では必要です。でも、何か新しいことを始めるときは、その踏み出す一歩を止めてしまうと思うんですよね。そういう意味で行くと恥ずかしさっていらないのではないかと考えました。

 

④「恥ずかしい」で止まるな

 「恥ずかしい」という気持ちで止まってしまうと、経験も無くその先で感じる感情(実際やってみて楽しかった・思っていたのと違う等)を感じないまま終わってしまう。たとえそれがマイナスなことだとしても経験・知識になっていくとえぬじぇいは考えます。

 

⑤まとめると

 最後にまとめると、先日Radiotalkで話した「やってみるのススメ」にも通ずる部分があると思うんです。

(まだお聞きになってない方はこちらに→http://radiotalk.jp/talk/27828/ )

 

自分のワクワクや気になる感情を止める気持ちを壊して一歩踏み出すと新たな景色が見れるのではないでしょうか?

 

メイドカフェめっちゃ楽しかったニャン。夢の国・・・わるくないな

 

今回はこれで以上です。質問はTwitterから受け付けておりますので気軽にどうぞ

 

Twitterhttps://twitter.com/NJ04607365

 

Radiotalkhttps://t.co/wmiD8zqK0F?amp=1